今日から始めるバイナリーオプション

バイナリーオプションではポジションの確認を

ポジションとは、市場での取引で、投資家が買い越しや売り越しをどのように行うかといった持ち高の状況のことを指しています。安く売って高く売るのが一般的な投資の基本ですが、どこにポジションを作るのか、そのポジションを利食い、損切りのポイントがどこにあるのか、そのルール付けをどこに持ってくるのか、これが個人によって違い、どのようにテクニカル分析を活用するのかも個人差があります。一定のスタンダードはありますが、派生している現象について、どれが正しいということはありません。自分が勝てるルールが正解です。バイナリーオプションの場合でも、ポジションのサイズを確認することは必要ですが、利食いと損切りが、他の投資とは違います。トレンドを把握し、チャートをどのように読むのかの精度の高い力が必要とされます。バイナリーオプションには、基本的に損切りの概念はありません。いざ投資を終えた後は、損切りなどを考え投資したものを動かすことができません。しかしその損切りの概念は、資金をどのように分配するのかに置き換えて考えなければなりません。株やFXの時、ロスカットの設定は、総資産の1%から5%程度のところで考えておくとよいとされるのが一般的です。これをバイナリーオプションに置き換えると、「ポジションサイズは総資金の1%から5%で考える」ことになります。投資の総資金が小さめの時には10%程度が適正な時もありますが、ほぼ1%から5%が適正です。10万円であれば1回のポジションで1万円を上限、100万円程度であれば5万円までがおすすめです。バイナリーオプションのこのポジションサイズで投資を行うと、勝率5割で20勝負連続で負けない限りすべての総資金額をなくすことはないという計算になります。それだけ負け続けることのほうが難しいものです。しかしこれは単純計算で、実際はペイバック率などもありますので、勝率は6割から7割に引き上げる必要があり、勘だけに頼る勝負では危険です。
参考:国内バイナリーオプション業者で安心取引をするなら迷わずココを選べ!

 

海外のバイナリーオプションの入出金方法

 

海外のバイナリーオプション業者では様々な入金方法に対応しています。銀行送金はもちろんのこと、クレジットカード各社、ネッテラー、ペイパル、Skrillなどの電子送金サービス、Webマネー(この場合のWebマネーは日本で販売しているものではなく、ロシアのサービスです)、China Union Payなどが利用できます。クレジットカードではアメリカンエクスプレスが使えないところも多いので、VISAやマスターカードがあれば入金できます。銀行送金の場合は時間がかかってしまうことがありますが、その他の決済方法では即時のものもあり、入金してすぐに取引をすることも可能です。海外送金と鳴ってしまう場合は、銀行送金のときに手数料がかかってしまうこともあります。それらの手数料を会社が負担してくれるケースもあるので、取引をする業者の入出金関係の注意事項はしっかり確認しておかなくてはなりません。
出金する場合、クレジットカードで入金した場合はクレジットカードへの出金が優先されます。つまり10万円入金して利益が出て20万円出金する場合、全額銀行送金できるわけではなく、10万円入金した分をキャンセル扱いにして、残りが利益として送金できます。クレジットカードでの入金が古くなっていた場合キャンセルができず、最初から銀行へ出金できる場合もあります。
海外のバイナリーオプションにはボーナスを提供している会社も多くあります。これは入金額に応じて取引できるための資金を追加でもらえるシステムです。条件をクリアできればボーナスも出金できるところも多くあります。ただしボーナスを貰うと条件をクリアできるまで利益の出金はできなくなります。このシステムを理解せずにボーナスを貰っていると、出金時にトラブルになることがあるので注意が必要です。
日本のバイナリーオプションの業者と違い、海外では様々なサービスがあります。情報提供もその一つです。口座は無料で作れ、多くの場合維持費もかかりません。登録しているだけで市場の情報を送信してもらえたり、他のトレーダーの取引をコピーできるようなものまであります。

 

 

バイナリーオプションで成功するためのコツ

 

バイナリーオプションとは、ある決められた期日に投資対象の値段が上がっているか下がっているかを予想する投資商品です。例えばユーロ円が現在140円だった場合、2時間後に140円以上になっていると予想すればコールオプション(値上がり予想のオプション)、下落すると予想すればプットオプション(値下がり予想のオプション)を購入し、予想が的中すれば決められた額のペイアウトを得ることができます。失敗した場合は投資額が損失となります。FXや株式のように投資額以上の損失が生まれることはないので、相場急変時でもリスクが限定されているという特徴があります。
バイナリーオプションは2分の1の確率で勘だけでも成功しますが、取引するタイミングを上手く調整することで確率に経験や知識を上乗せし、成功率を上げることができるのが特徴です。そのため比較的初心者にも向いている投資方法と言えます。期限が決まっているので、清算するタイミングに悩む必要もなく、仮に失敗しても次の投資時に投資額を増やすことで失敗分も取り返すことができます。
バイナリーオプションで成功するコツはいかに自己資金を管理するかという点です。国内のバイナリーオプションは2時間間隔で開催されます。海外では短いところでは30秒で判定されるものもあります。短期間に結果が出るものはリターンまでの時間が短いのですが、その分リスクが高くなっています。相場には流れがあるため、うまくその流れを読めずに立て続けに投資してしまうと、資金を大きく失ってしまうことになりかねません。いかに種銭を失わないようにするか考えることこそ、利益を出し続けるために大切です。成功はへの近道は、ハイリターンを狙うよりも失敗を減らすことです。
バイナリーオプションは提供している会社によって操作画面も大きく違っています。1つの会社で失敗したからといって諦めず、別の会社で取引してみるのも良いでしょう。満期の時間が各社違っているので、相性によっては成功しやすいところとそうでないところがあります。

FXには、いくつかの常識があります。その1つがナンピンですね。
その金融商品に関わる常識の1つとして、ナンピンは悪いものという話があります。ナンピンをしてしまいますと、資金が大きく減ってしまうという話は非常に有名です。FXに関わるサイトはいくつもありますが、そこではナンピンのデメリットが強調されている事も多いですね。
そのような話を聞きますと、決してナンピンをしない方が良いと思わるかもしれません。しかしその常識は、実は正しいとは限らないのです。現に私は、その常識が間違っている事が分かったからです。
私はある時から、ナンピンを中心に売買をするようになりました。というのもある業者のホームページにて、そのやり方は非常にメリットが大きいとの話を聞いたのですね。正直目からうろこが落ちるような思いがしたのですが。
そのナンピンによる売買をスタートしてから、私は大きな損が発生した事は一度もありません。ちょっと独特な方法でのナンピンを行うのですが、それを採用してからはかなり利益率が上がってきたと思いますね。
また最近では、私はそのナンピンのやり方を色々とカスタマイズしています。ちょっと最近は枚数の調整なども行って、上手く建玉を保有するように心がけているのですね。それを徹底するようにしてから、さらに利益率が上昇してきたのです。
もちろんそのやり方は、リスクはあります。FXには必ずリスクはありますので、それをしっかりコントロールする事は必須なのですね。しかしそれさえ徹底していれば、そのやり方は大きな利益が発生する可能性を秘めている訳です。
特にそのナンピンが有効なのは、経済関連のニュースが発表されるタイミングですね。あの時には非常に大きな動きが発生するのですが、それに伴って短時間で大きな利益が生じるケースも珍しくありません。最近では、ちょっとニュースが発表されるタイミングが楽しみですね。
このようにFXの常識は、必ずしも正しいとは限らない訳です。間違って常識が見られる事もありますので、注意が必要です。

続きを読む≫ 2015/09/24 08:02:24

FXで売買をしている方々の状況は色々で、中には早朝希望の方もいらっしゃるのです。それも、かなり早い時間帯ですね。
人によってはかなり朝早い時間帯に起床している事があり、4時頃に起きている方も中には見られるのです。そのような方々が、上記の投資商品で売買をしているケースも多々あります。
ところで日本の会社の場合、4時くらいでは売買ができないケースが多々あるのですね。少なくとも月曜の朝4時の時間帯は、ちょっと困難だと考えて良いでしょう。仮にその時間帯に金融会社のホームページを開いた所で、たいていはクローズしています。普段であればレートがチカチカと点滅表示されている筈なのですが、何せクローズされていますので、何も動きが発生していないのですね。
困ってしまうのは、前述のような4時くらいに起床している方々です。5時になったタイミングでは会社に行かなければなりませんので、4時頃でないと売買が難しい方も見られます。それでは、チャンスを逃してしまいかねませんね。
そのような時には、サクソバンクという会社を検討してみると良いでしょう。なぜならその会社の場合は、非常に早い時間から売買をすることが可能なのです。
というのもその会社の場合、4時からシステムが動き始めるのですね。日本の会社の場合は4時位はクローズしている訳ですから、大変助かるシステムではないでしょうか。
以前にサクソバンクで口座を作った方がいらっしゃるのですが、この会社をかなり高く評価していらっしゃいました。今まで日本の会社で何回か売買を行っていましたが、早朝のタイミングではなかなか取引ができなかったので、ちょっと不満を覚えていたようなのですね。しかしサクソバンクの場合は前述のような時間帯でも売買ができるので、とても魅力的だと感じていらっしゃるのだそうです。
ですので早起きな方々などは、ちょっとサクソバンクで口座を作る事を考えてみると良いでしょう。サクソバンクは総じてシステムが安定していますし、口座を作るメリットは大きいと思います。

続きを読む≫ 2015/09/24 08:02:24

外貨を用いた商品での売買をするとなると、やはり金融会社で口座を作る必要があります。いわゆる開設手続きですね。
そして開設するまでの早さは、会社によって大きく異なります。非常に速やかにそれを作れる会社もあれば、比較的多くの日数を要する会社など、様々なのですね。
一般的には日本の会社より、海外の方が時間が短めな傾向があります。非常に速やかな会社が、いくつか見られるのですね。
例えばある海外の会社の場合は、即日で口座を作ることができます。即日というのは、データを送ったその日の内になるのです。数日後などではありません。
しかもその会社では口座を作る事ができるまでのスピードが早いだけでなく、実際に売買ができるまでのスピードも早いのですね。実は日本の会社では、たいていの所では即日で口座はできているのです。しかし郵便でパスワードを送らなければならない関係上、どうしても日数がかかってしまう事が多いのですね。東京地域に住んでいる方々などは比較的早く口座を作れる事が多いですが、それでも翌営業日になるケースが一般的です。海外の場合は電子媒体でパスワードを送ることができるので、非常に速やかなのですね。
ところが中には例外の海外の会社もあります。ある海外の会社ではFXを扱っていますが、そこはかなり時間がかかるのですね。1週間程度を要するそうです。例えば3月14日に口座を作るための申込をした場合、最低でも3月21日になる訳ですね。その会社の事情によっては、もう少し日数がかかる事もあります。多くの申し込みが殺到している時などは、多少の日数を要する傾向があるからです。10日前後かかる事を、稀にあるようですね。
そして1週間もかかる会社は、日本では非常に少ないです。どれだけ長くても、5日程度で完了するケースが多いのですね。
すなわち海外の会社の場合は、早い所は非常に早く、時間がかかる会社はかなりの日数を要するわけです。海外の会社は、ちょっと差が大きいのが特徴的ですね。

続きを読む≫ 2015/09/24 08:02:24