果たしてナンピンをしない方が良いとのFXの常識は正しいか

果たしてナンピンをしない方が良いとのFXの常識は正しいか

FXには、いくつかの常識があります。その1つがナンピンですね。
その金融商品に関わる常識の1つとして、ナンピンは悪いものという話があります。ナンピンをしてしまいますと、資金が大きく減ってしまうという話は非常に有名です。FXに関わるサイトはいくつもありますが、そこではナンピンのデメリットが強調されている事も多いですね。
そのような話を聞きますと、決してナンピンをしない方が良いと思わるかもしれません。しかしその常識は、実は正しいとは限らないのです。現に私は、その常識が間違っている事が分かったからです。
私はある時から、ナンピンを中心に売買をするようになりました。というのもある業者のホームページにて、そのやり方は非常にメリットが大きいとの話を聞いたのですね。正直目からうろこが落ちるような思いがしたのですが。
そのナンピンによる売買をスタートしてから、私は大きな損が発生した事は一度もありません。ちょっと独特な方法でのナンピンを行うのですが、それを採用してからはかなり利益率が上がってきたと思いますね。
また最近では、私はそのナンピンのやり方を色々とカスタマイズしています。ちょっと最近は枚数の調整なども行って、上手く建玉を保有するように心がけているのですね。それを徹底するようにしてから、さらに利益率が上昇してきたのです。
もちろんそのやり方は、リスクはあります。FXには必ずリスクはありますので、それをしっかりコントロールする事は必須なのですね。しかしそれさえ徹底していれば、そのやり方は大きな利益が発生する可能性を秘めている訳です。
特にそのナンピンが有効なのは、経済関連のニュースが発表されるタイミングですね。あの時には非常に大きな動きが発生するのですが、それに伴って短時間で大きな利益が生じるケースも珍しくありません。最近では、ちょっとニュースが発表されるタイミングが楽しみですね。
このようにFXの常識は、必ずしも正しいとは限らない訳です。間違って常識が見られる事もありますので、注意が必要です。